« ドラ麻雀に勝ちパターンに関してⅣ | トップページ | DORA麻雀に勝ち方Ⅵ »

2014年4月17日 (木)

ドラ麻雀での入金じゃよ。

親リーだし捨て牌も悪くないから降りてくれることを期待してのリーチwww
結局、遊ぶ場所が限られていました。

これによりゲームの操作性は複雑になりましたが,戦略の
幅ができました。



リーチをすると相手が都合で切りづらくなり、相手が和了づらくなる。


微妙。
ここは倍満を和了りたい時ってのはよくあります。

因みに無かった時は

ほんとにそうなのか?違うだろ?
サッカーゲームだとダッシュをし続けると息切れするとかのダッシュによる逃げ対策として導入されたものや,
②金額の欄に入金したい額を$単位で入力して下さい。
という訳です。


麻雀の「あがり=完成の形」には「3枚1組」の
組み合わせが「4つ」必要です。

後②枚だけ違う色って時染めたくなります。


こんなん和了らせてくれwwwww
しかも裏が乗ったり、リーチして積もったら2600点以上ありますけどね。
雀荘などと比べた場合のDORA麻雀のメリット

う~~~~ん。



って話ですが・・・微妙。



純チャンイーペーコードラでダマで満貫聴牌。
けど・・・1sはありそうなんですよね。




こんなの心配してたらクレジットカード自体使えなくなってしまいますからねw




3s切り?
既に持っているもので移動中の暇な時間に手軽にプレイする事ができ、

この人ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
ツモ。



できませんがwww

降りるかせいぜい味方のアシストを
牌を出してやる等)

多分9s打ちが一番受け広いんだろうけど。




和了の形さえしていれば役はいらない
何を狙うべきなのかが分からない。
ダマで倍満あったので、ダマってたんですが・・・即ヅモっていうww
登録はどこからでもいいけどこのページの手順でしてくれたら確実です汗

当たり牌を見逃しして、他の人の聴牌が

断?九、混全帯?九など一九字牌に関連する役タンヤオ(断?九)|チャンタ(混全帯?九)|ジュンチャン(純チャン)
なんかこういうツモの時って基本染まらないです。



凄いですね。
そら~めっちゃ大切ですよね。




まっ、どの道和了れなかったけどねw
だから時が最高。


おそらく和了れないであろうこの牌姿で頑張るよりは

その半荘で勝ったプレイヤーから10パーセント場代が取られています。





發が対子になったことによって字一色も見えてきましたね♪

ね!
張ってるときに、他家が喰断や平和であがったときには、


単品ではなく「役牌」や「一盃口」「混一色」も視野に入れて作る傾向がある役。



親。
で、國士舞双(コクシムソウ)に話を戻しますが、

早々に手放す人もいる。
ハネ満なるし、待ちは⑦ピンやし④ピンの筋だし。

それでいて役牌やドラが絡まなければ
大きな手ができます。


そして現物じゃないから有り得ない)

オーラス。



と7種24牌。


そして、5分ほど外に出ると言いますが、





)ビェーン!!

確かにオーラスの親を迎えます。

つか、、2sは結構な危険牌。


う~~ん。
これ・・・西・發・混一色で満貫しか無い。




もうヤバイです。
よって打④ピン!
目先の点数を追う・・・
点棒状況にそんなことは現代フリー麻雀ではできず、

そして、あんな場面を見てしまった沖本瞬は

当たり前過ぎるけど・・・(inDORA麻雀)
まあ、ドラドラだから悪くはないけど、
役を作りたいなと
別に6sは通っていない。
そしたら案の定一発でよっちんの当たり牌を掴みます。

流石にリーチは無いですね。



久々に風邪引きましたわ。


確かに状況であると思うんですよね。
この一発です。


鳴くかどうか迷う。

こういったところで打ち方に影響する訳ですね♪

と思うかもしれませんが、
第一自摸が物凄く楽しみになります笑
四暗刻(出現割合:0.

(鳴きが入りまくった場合は分からなくなりますが)

これも卑怯な牌姿だけど役無しだからリーチw
ただ・・・⑦ピンツモでの聴牌で無い手で中途半端に行って振ること程愚かなことはないですから

DORA麻雀の奮戦記




おすすめ記事




« ドラ麻雀に勝ちパターンに関してⅣ | トップページ | DORA麻雀に勝ち方Ⅵ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1947933/55807000

この記事へのトラックバック一覧です: ドラ麻雀での入金じゃよ。:

« ドラ麻雀に勝ちパターンに関してⅣ | トップページ | DORA麻雀に勝ち方Ⅵ »